「行列のできる講座のつくり方」がベストセラーに


カテゴリ
中小商工業者を応援
診断士が行く/一覧 (65)


中小商工業者の応援団

2007年3月
        1

新着エントリ
ビジネスブログ」の活用 (11/12)
感動を与えるケーキ職人 (10/30)
お客の要求に先回り 飽きないサービスを (10/29)
お客様に感動を与える (10/15)
おいしい料理で、幸福へといざなう (9/16)
高品質な品を厳選販売 (9/1)
欧風料理 vert(ヴェール)の挑戦 (8/21)
「意匠権の活用とデザイン戦略講座」を受講しました (8/1)
中華料理店の挑戦 (7/30)
顧客の信頼を得るためのコツ (7/28)
創業90年の老舗印判店の新たな挑戦 (7/19)
最近の流通業における経営革新の展開 (7/1)
イタリア料理 ラ・バロッタ (6/23)
事前にしっかり備え緊急事態を生き抜く (6/19)
地元食材で独創料理〜リピーターを生む充実のランチ (6/8)
6/6 「中小企業生産性向上プロジェクト」発表 (6/6)
「五里霧中」からの脱出には (6/5)
2007年版 中小企業白書説明会 (5/12)
「ミニランドセル」だけでの経営をめざす (5/1)
新幹線ガール 私の職場は時速270km (4/30)
船台から遊覧車・・ まだまだでてくる新分野 (4/29)
手に合ったハサミを希望通りに・・ (4/2)
インテリア小物家具へシフト (3/21)
オーダースーツの店「Gentry」 (3/20)
中華料理 一番 訪問 (3/17)
「新幹線 車内販売の達人」に学ぶ (3/12)
模型の製作 (3/10)
素材の良さ見ぬく 市場での目利き (3/5)
「行列のできる講座のつくり方」がベストセラーに (3/1)

新着トラックバック/コメント

お店を訪問してアドバイス

アーカイブ
2005年 (19)
2月 (12)
3月 (7)
2006年 (15)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (12)
2007年 (31)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (7)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:10
昨日:12
累計:189,539


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年03月01日(Thu)
< 「目からウロコが落ちる」... < 「恋して泣ける技術者たれ... | 商売のワンポイント/一覧 | 「新幹線 車内販売の達人... > 「ミニランドセル」だけで...
「行列のできる講座のつくり方」がベストセラーに


この冊子は、自治体や市民団体のセミナー企画担当者の間で、ちょっとした「ベストセラー」となっています。作成したのは、「NPO法人男女共同参画おおた」理事の牟田静香さんで、この中で、人気講座を作るコツは、「講座名にこだわる」「ターゲットを絞る」など六つのポイントにあるとしています。

例えば、内容は同じでも、「男女共同参画社会への展望」という講座を、名前だけ「咲かせよう!世界で一つだけの花」に変えると、応募者が増えた実例を挙げて、「流行語や人気番組、ベストセラーの表題を引用する」ことや、また、人が集まる講座にするためには、「心に響く、タイトルの追求」がポイントです。そのためには、日頃から人気のあるテレビ番組、本、歌、流行語などに敏感になることや、受講者からのアンケート内容をしっかり分析し、次の企画に役立てることを提案されています。

商売にも応用できる「達人の極意」

お客様の需要に合わせることに、「営業時間」があります。東大阪市の「行列のできる歯科クリニック」は、元旦以外の364日を診療しており、営業時間は、月〜金 AM9:30〜PM10:00(フルタイムオープン)で繁昌しています。また、お客様が必要としている、商品やサービスは、「本当は何なのかを理解すること」が大切です。アメリカの鉄道会社は、「輸送」を望んだ顧客に、「鉄道」というサービスを提供しようと固執したため、トラックや飛行機などにその座を奪われて、衰退の一途をたどりました。映画産業がテレビの普及により衰退した事例も同様です。

「自店の良さ」を知らせる工夫 



「商品についてこだわり」を知らせる努力が大切です。例えば、京都のいのししラーメン店では、「猪肉」が、お店の特徴を表しています。この「こだわり」がお客様に支持されるためには、ブランドの浸透が欠かせません。そのためには、売り場での店頭広告(POP広告)や機関紙やニュースの配布、ホームページやブログなどを活用する等の広報活動が欠かせません。



 ★ この記事に関するご意見・ご感想は → こちらまで