「ミニランドセル」だけでの経営をめざす


カテゴリ
中小商工業者を応援
診断士が行く/一覧 (65)


中小商工業者の応援団

2007年5月
    1
   

新着エントリ
ビジネスブログ」の活用 (11/12)
感動を与えるケーキ職人 (10/30)
お客の要求に先回り 飽きないサービスを (10/29)
お客様に感動を与える (10/15)
おいしい料理で、幸福へといざなう (9/16)
高品質な品を厳選販売 (9/1)
欧風料理 vert(ヴェール)の挑戦 (8/21)
「意匠権の活用とデザイン戦略講座」を受講しました (8/1)
中華料理店の挑戦 (7/30)
顧客の信頼を得るためのコツ (7/28)
創業90年の老舗印判店の新たな挑戦 (7/19)
最近の流通業における経営革新の展開 (7/1)
イタリア料理 ラ・バロッタ (6/23)
事前にしっかり備え緊急事態を生き抜く (6/19)
地元食材で独創料理〜リピーターを生む充実のランチ (6/8)
6/6 「中小企業生産性向上プロジェクト」発表 (6/6)
「五里霧中」からの脱出には (6/5)
2007年版 中小企業白書説明会 (5/12)
「ミニランドセル」だけでの経営をめざす (5/1)
新幹線ガール 私の職場は時速270km (4/30)
船台から遊覧車・・ まだまだでてくる新分野 (4/29)
手に合ったハサミを希望通りに・・ (4/2)
インテリア小物家具へシフト (3/21)
オーダースーツの店「Gentry」 (3/20)
中華料理 一番 訪問 (3/17)
「新幹線 車内販売の達人」に学ぶ (3/12)
模型の製作 (3/10)
素材の良さ見ぬく 市場での目利き (3/5)
「行列のできる講座のつくり方」がベストセラーに (3/1)

新着トラックバック/コメント

お店を訪問してアドバイス

アーカイブ
2005年 (19)
2月 (12)
3月 (7)
2006年 (15)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (12)
2007年 (31)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (7)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:2
昨日:12
累計:191,904


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年05月01日(Tue)
< 「行列のできる講座のつく... < 「新幹線 車内販売の達人... | 商売のワンポイント/一覧 | 「五里霧中」からの脱出に... > 事前にしっかり備え緊急事...
「ミニランドセル」だけでの経営をめざす


 南信州の「エース工芸」という、ハンドバック製造業では、小学校の思い出のランドセルを元のサイズの約1/4のミニランドセルに作り変えるサービスを提供しています。飾りケースに入れて、6,800円(税込)の価格で販売しています。初めた05年は、150個、06年は250個の受注と着実に伸ばしています。目標は、ミニランドセルだけで経営できる採算ラインである1000個です。そのために、個別の要望にも応じるなど、価格以外の特徴を打ち出しています。(「にぎわう専門通販」日経流通新聞)

安定経営には「もう一つの事業の柱」を

 ハンドバック製造業の工賃は、店頭価格が数万円するものでも、下請けの加工賃は、2000円ほどで、ミシン目が少しでもずれると返品され、発注数も数十個単位で少なく、作業効率が上がりませんでした。それに比べ、自社製品(ミニランドセルの作製)は、納期も、1カ月〜3カ月と余裕があり、型抜きやミシン作業をまとめて行えるので効率を高めることができます。仮に、親企業からの受注が減っても、自社製品の製造・販売というもう一つの事業の柱をもつことで、経営を安定させることができます。
 
「販売・営業力の不足」を克服する

 ところが、せっかく製品を開発しても、結局売れずに撤退する企業が多いことも事実です。マーケティングや販路開拓を推進するためには、「市場ニーズへの対応」や「既存顧客の満足度の向上」、「新規顧客の獲得」等への対応が必要です。しかし、「商品名や会社名を知らない」、「説明が下手」、「実績が無い」などの問題が克服できないのが現状です。そこで、自社製品の販路開拓を成功させるための解決策の一つとして、豊富なビジネス経験を有する企業OB等の人材から実践的なアドバイスを得ることをお勧めします。団塊の世代が大量に退職する時期なので、良い人と巡り会える可能性があります。また、ホームページを通じて、商品の正しい使い方をPRして、正しい指導をすることで、新規の顧客に製品を売り込むきっかけにする等、ユーザーに直販する方法も考えてみましょう。