お客様に感動を与える


カテゴリ
中小商工業者を応援
診断士が行く/一覧 (65)


中小商工業者の応援団

2007年10月
 
15
     

新着エントリ
ビジネスブログ」の活用 (11/12)
感動を与えるケーキ職人 (10/30)
お客の要求に先回り 飽きないサービスを (10/29)
お客様に感動を与える (10/15)
おいしい料理で、幸福へといざなう (9/16)
高品質な品を厳選販売 (9/1)
欧風料理 vert(ヴェール)の挑戦 (8/21)
「意匠権の活用とデザイン戦略講座」を受講しました (8/1)
中華料理店の挑戦 (7/30)
顧客の信頼を得るためのコツ (7/28)
創業90年の老舗印判店の新たな挑戦 (7/19)
最近の流通業における経営革新の展開 (7/1)
イタリア料理 ラ・バロッタ (6/23)
事前にしっかり備え緊急事態を生き抜く (6/19)
地元食材で独創料理〜リピーターを生む充実のランチ (6/8)
6/6 「中小企業生産性向上プロジェクト」発表 (6/6)
「五里霧中」からの脱出には (6/5)
2007年版 中小企業白書説明会 (5/12)
「ミニランドセル」だけでの経営をめざす (5/1)
新幹線ガール 私の職場は時速270km (4/30)
船台から遊覧車・・ まだまだでてくる新分野 (4/29)
手に合ったハサミを希望通りに・・ (4/2)
インテリア小物家具へシフト (3/21)
オーダースーツの店「Gentry」 (3/20)
中華料理 一番 訪問 (3/17)
「新幹線 車内販売の達人」に学ぶ (3/12)
模型の製作 (3/10)
素材の良さ見ぬく 市場での目利き (3/5)
「行列のできる講座のつくり方」がベストセラーに (3/1)

新着トラックバック/コメント

お店を訪問してアドバイス

アーカイブ
2005年 (19)
2月 (12)
3月 (7)
2006年 (15)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (12)
2007年 (31)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (7)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:10
昨日:12
累計:189,539


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年10月15日(Mon)
< 創業90年の老舗印判店の... < おいしい料理で、幸福へと... | 商売のワンポイント/一覧 | お客の要求に先回り 飽き... > ビジネスブログ」の活用
お客様に感動を与える

偶然の巡り合わせをチャンスに

日曜日の朝の楽しみは、新刊書の書評を読むことです。そのなかで、感動したのは、フランソワ・デュボワ著の「日本人には教えなかった外国人トップの『すごい仕事術』」という本です。加藤 出氏は、「著者を含めた6人とも、偶然の巡り合わせとその一瞬のチャンスをつかむことの大事さを指摘している。」との書評を寄せています。著者は、「仕事の楽しみ方」を身に付けるためには、「人生を豊かに、より幸せにしていく」ことが必要で、その結果として「目の前の仕事もうまくいく」と提言しています。

お客様に感動を与える

大阪狭山市のケーキ店(デセール)のパティシエから「工業高校を出たのに、なぜ、ケーキ創りをしているか」というお話しを聴きました。もともとの志望先は、製造業で、ケーキ工場にも機械があるからと言われて就職したら、ゼラチンを手でほぐしたり、牛刀2本で果物を切ったりの手作業をさせられ、靴下を履くことができないほど手の筋肉を酷使して、辞めようと思ったそうです。その時、先輩の「この職業はすばらしい。」という一言で、翻意されたそうです。それ以来、素材、技術にこだわり、「食べて美味しいのは、当り前」で、その日に来店される「お客さまに、感動を与える」ケーキつ゛くりに励んでいます。そのため、素材の配合を少しつ゛つ変えながら、微妙なバランスを調整するなかで、最高の味を創りあげようと絶えまず努力しています。



人生を豊かにしてくれる行き方

お菓子作りの世界で有名な、アントワーヌ・サントス氏(エコール・クリオロ)は、「店にとっては数あるケーキにひとつでも、お客さまにとっては唯一ひとつのケーキ」と、独創的な視覚と味覚を重視しています。そして、「どっぷり仕事だけに漬かる生き方ではなく、むしろ仕事以外で、様々な経験をすることが、人生を豊かにしてくれる」とも述べています。従って、そのような考えを
大事なことは、水が流れるよう道をつけること人生も同じで、オリジナルな道すじを探ればヒントが発見できます。は、探ろうとする意識を持つことが重要です。